生活保護受けた状態で、法律に触れずお金を借りるには

意外と知られていないルールですが、生活保護を受けている人は借金をしてはいけない事になっています。
その為、法律に触れないでお金を用意するのは一苦労です。

確かに生活保護費はギリギリの額しか支給しないですから、かなり生活が圧迫されますよね。

しかし、生活保護を受けているので、生活は成り立っています。
しかし、本当に最低限の生活です。

ここで問題になってくるのが、お金がいると言う事です。

もし、生活保護の人が借金をしても良いとしましょう。
その場合お金を貸す消費者金融は当然の事ながらありません。

何処からもお金は借りられません。結局は生活保護を受けた段階で同じなのです。

業者からはお金を借りる事は出来ません。貸してくれるのは闇金位でしょう。

闇金も生活保護の人にはあまりお金を貸したくないのでしょうが、生活保護費の受給日をしっているので貸します。

ここが闇金のしたたかな所です。こういったそつのなさが闇金です。本当に隙あらばです。

さあどうするか?

合法的にお金を借りるのは事実上不可能です。

しかし生活保護でもお金がいる。
お金は幾らあってもいいですからね。

この場合救世主になるのが友人でしょう。

ここが一番の安全策です。
友人からお金を借りて良い所は、履歴が残らない、利息はない、いつ返してもいい。

こんなに条件の良い所は業者では絶対にありません。
いつまで経っても無利息状態です。

こんな状況は本当に友人からの借金だけです。
それ以外は考えられない好条件です。

こんなにお金を借りるのは負担が少ないのか?と感じますが、それは友人が困り果てた貴方を見て救いの手を差し伸べたのです。

友人もお金を貸すのを嫌がる人とそうでない人がいます。

あまり友人からお金を借りると友人関係の崩壊につながりますから、本当はあまりオススメしたくない借り先ではあります。

お金を借りなくても生活できるようにするのが1番最善の策である事はここで書くまでもありませんが、生活保護費だけではどうにもならない時があります。